私はサービス業、ネット通販会社の経営に携わり、多くの女性と関わってきました。
その中で働く女性の声、姿を近くで見て、社会との矛盾を感じました。
女性に対して、産めよ、働けよ、家を守れよ。
まさに今の社会そのものが、少子化に歯止めが効かなくなっていることに対して疑問を抱きました。
女性の負担が増加している

私は、堺の発展と女性が輝く社会の実現に向けて挑み続けます。

皆さんと共に
住みたい、住み続けたい、
立ち寄りたい堺へ


市民・企業・行政が手と手をとりあい協働して改革していきます。
私が、皆さんの思いを、声を、市政に届けます!